• 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
HOME > 財団紹介 > 理事長挨拶

理事長挨拶

公益財団法人 先進医薬研究振興財団
理事長 和田 邦義

 このたび、村松実理事長の後を受け理事長を拝命いたしました和田邦義でございます。
先進医薬研究振興財団は、田辺三菱製薬株式会社の出捐を受け、科学研究の推進と知識の普及を図ることで国民の医療と健康に貢献することを目的に設立された公益財団です。本財団の主たる事業は、精神薬療分野、血液医学分野、循環医学分野の3分野の研究助成を毎年行っていることが特徴です。本財団は、先進的な医療の研究を醸成し、未来的志向で社会的需要に対応すべく、イノベーションを促す活動を重点的に行っています。
 平成29年度は本財団の前身の一つである「財団法人 精神神経系薬物治療研究基金」が設立されてから50年を迎えます。その節目の年にあたる平成29年度から3ヶ年の第Ⅱ期中期計画を実行いたします。主な事業内容は、1)助成事業の見直し 2)研究報告会の開催 3)市民公開講座の開催です。助成事業の見直しでは、海外留学助成を1件500万円に増額と先進研究助成の創設です。研究報告会は、毎年開催していた「精神神経系薬物治療研究報告会」を発展的に解消し、異分野である3分野の研究交流の推進を通じて先進医療の発展と若手研究者の発表が中核をなす「第1回先進医薬研究報告会」を12月1日に大阪で開催いたします。
 皆様におかれましては、今後とも変わらぬご支援とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

ページトップへ戻る